ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
今週予約可能レッスン数:6,517コマ
昨日実施したレッスン数:619コマ

考古学の新技術、新たに出土した兵馬俑本来の色を留める

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの周です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。

 

スマート陳列ケースは恒温恒湿機能を備え、文化財の保存に適した展示環境を構築。警備態勢感知プラットフォームは観光客の密度や安全上のリスクをモニタリング……。科学技術イノベーションはここ数年にわたり、考古学活動に全面的にエンパワーメントしている。コンピュータビジョンや人工知能(AI)などの技術が考古学により多くのテクノロジースタイルをもたらしている。人民日報が伝えた。

地下深くに2000年以上埋まり出土したばかりの秦始皇陵兵馬俑は、ほぼ色彩を良く留めていた。ところが独特な着色工程により、色付きの兵馬俑は温度・湿度などの急激な環境変化の影響を受けやすく、色褪せや色落ちが生じてしまう。

兵馬俑の色をより良く留めるために重要なのは、文化財の発掘、輸送、修復、保管などの過程における環境の影響を最大限減らすことだ。

「我々が秦始皇陵兵馬俑2号坑のために設計・構築した考古学発掘・緊急保護システムは、兵馬俑に発掘から倉庫に収められるまでの全フローの閉ループ保護を提供し、元の色を最大限に留めることができる」。中国電科集団所属の電科チップのプロジェクト責任者によると、彼らは発掘キャビンと実験キャビンを含むスマートシステムを研究開発した。うち考古学発掘キャビンは色付きの兵馬俑の発掘エリアの全フロー・全エリアのカバーが可能で、甬道を移動でき、分解と組立によって複数回使用できる。色付きの兵馬俑は出土後、速やかで全面的な保護を受けられる。システムは、考古学専門家が直接現場で簡単な緊急修復・緊急保護活動を行い、色褪せや色落ちなどの損傷を減らすようサポートする。

専門家は、「このシステムはさらに環境制御モジュール、照明モジュール、科学機器搭載プラットフォームなどを含むもので、文化財発掘、文化財保護、情報収集、文化財輸送など複数種類の機能を持つ。これらの画期的な技術により、発掘中の人、土壌、文化財を安全的で効果的にキャビン内に移動し輸送でき、文化財発掘・緊急保護の作業フローを改善・最適化している」と述べた。(編集YF)

 

转载自「人民網日本語版」
----------------------------------------------------------

以上は今日の中国語コラムでした。 ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!