ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
今週予約可能レッスン数:6,402コマ
昨日実施したレッスン数:545コマ

「高速鉄道で中国大陸部の桜の名所に」が香港特区で人気に

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの周です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。

 

香港特別行政区は、キリスト教の祭りであるイースターに合わせて3月29日から4月1日までが4連休となるため、多くの市民が花見に出かける予定を立てている。花見でお馴染みの日本や韓国などへの旅行が依然として人気となっている。しかし多くの旅行会社によると、空の便は国際線がまだ完全には回復していないため、団体旅行には限りがあり、高速鉄道に乗って、中国大陸部に向かう団体旅行を予定する人が急増しているという。そして、桜の名所がある湖北省の武漢や湖南省の張家界などが香港特区の住民の間で人気の旅行先となっている。環球時報が各社の報道をまとめて伝えた。

香港特区紙「星島日報」の24日付の報道によると、旅行会社・永安旅遊の馬世文副総経理は、「今年のイースターは、団体旅行の数が目に見えて増えている。しかし、航空会社の旅客輸送能力はまだ7割ほどしか回復していない。加えて旅行会社も人手不足であるため、団体旅行には限りがある。逆に、飛行機ではなく、高速鉄道で中国大陸部に向かうことのできる団体旅行が好調となっている。中でも一番人気は武漢や張家界の花見の名所。飛行機と比べると、高速鉄道はスマホでインターネットにもアクセスでき、車窓から風景を見ることもできるので、それを好む旅客もいる」としている。

また別の旅行会社・縦横遊の袁振寧常務董事は、「日本の九州や四国に花見に行く7日間の団体旅行が人気となっている。しかし、最近は、中国大陸部に高速鉄道で向かう団体旅行に関する問い合わせも増えている。中国大陸部と香港特区の往来が全面的に再開して以来、コストパフォーマンスが高い高速鉄道を使った団体旅行が第一の選択肢となっている。当社もイースターに合わせた4連休中に張家界に高速鉄道で向かう団体旅行を発売した」としている。

香港特区メディアが最近まとめた中国大陸部の「桜の名所トップ10」は、雲南省昆明の「圓通花潮」、貴州省安順の平壩桜花園、上海市の顧村公園、江蘇省南京の鶏鳴寺一帯、江蘇省無錫の鼋頭渚景勝地、湖北省武漢の東湖桜園と武漢大学、北京市の玉淵潭公園、山東省青島の中山公園、遼寧省大連の竜王塘ダム公園桜花園となっている。(編集KN)

 

转载自「人民網日本語版」
----------------------------------------------------------

以上は今日の中国語コラムでした。 ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!