ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
今週予約可能レッスン数:6,505コマ
昨日実施したレッスン数:614コマ

中国、複数の措置でパンダ個体群の保護を強化

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの周です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。

ジャイアントパンダ国家保護研究センターが17日、四川省成都市で発足した。同センターは中国ジャイアントパンダ保護研究センターと成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地という2つの科学研究機関の資源を統合し、中国全土のジャイアントパンダ科学研究の優秀チームを集約したジャイアントパンダ科学研究協力・交流の世界レベルのプラットフォームだ。国家林業・草原局の関係責任者は、「同センターは魏輔文院士を筆頭とするジャイアントパンダ保護研究学術委員会とジャイアントパンダ保護国家イノベーション連盟を設立した。また国家林業・草原局ジャイアントパンダ重点実験室を建設するとともに、ジャイアントパンダなどの絶滅危惧動物保護全国重点実験室の創設推進に注力する」と説明した。光明日報が伝えた。

人工飼育から野生化・野生復帰の模索、野生ジャイアントパンダ個体群の回復から生態系全体の保護の実現へ。四川臥竜自然保護区などの保護区第1弾の建設が1963年に始まってから、中国のジャイアントパンダの保護モデルと経験は世界の生物多様性保護分野の成功例になった。

国家公園:ジャイアントパンダと頻繁に出会う

青蔵高原(チベット高原)の東縁から横断山脈に沿い北の秦嶺に延びる。数年にわたり、67のジャイアントパンダ保護区がこのエリアで次々と完成した。2021年に正式に設立されたジャイアントパンダ国家公園は、ジャイアントパンダ及びそのアンブレラ種のより整った、連続的で広い住処を建設した。現地の1340頭の野生ジャイアントパンダは現在、全国の野生ジャイアントパンダ個体群の総数の71.89%を占めている。

人工飼育:繁殖の3つの難題を解決

中国は早くも1953年より動物園でジャイアントパンダの人工飼育を開始した。だが飼育ジャイアントパンダは発情が難しい、妊娠が難しい、赤ちゃんの生存が難しいといった難題が長期的に解決されなかった。中国ジャイアントパンダ保護研究センターが1995年になりこの3つの難題を解決すると、ジャイアントパンダの人工繁殖技術が大きく発展するようになった。

ジャイアントパンダの人工繁殖・飼育管理、疾病予防などの体制の構築に伴い、中国の飼育ジャイアントパンダは当初の10頭から現在の670頭以上に増えた。個体群の自力による維持と持続可能な発展をほぼ実現し、世界の野生動物の人工繁殖に参考可能な中国の経験を提供している。

野生化:野生個体群の回復をサポート

中国ジャイアントパンダ保護研究センターは世界に先駆け、2003年にジャイアントパンダ野生化訓練・復帰活動を開始した。ジャイアントパンダ個体群の安定的な増加に伴い、ジャイアントパンダの野生復帰は2010年に再開の最良のタイミングを迎えた。また「母パンダによる赤ちゃんパンダの育成」という野生化訓練方法の重要なブレイクスルーを達成し、臥竜核桃坪が中国初の野生化・復帰訓練拠点になった。中国ジャイアントパンダ保護研究センター野生復帰プロジェクト執行責任者の呉代福氏は、「野外の経験を持つ母パンダが自然環境に作られた育成エリア内で出産する。この野生訓練をする赤ちゃんパンダを母パンダのもとに成長させ、野外の生存技能を習得させる。この全過程で人による干渉と影響を減らし、子パンダの野性を保つ」と述べた。

世界初の臥竜野生化訓練場で誕生したジャイアントパンダのオスの赤ちゃん「淘淘」が2012年10月、個体群の密度が非常に低い四川省石棉県栗子坪に復帰し、野外の自力での生活に向かった。「淘淘」は初めて「母パンダによる赤ちゃんパンダの育成」という方法により野生復帰に成功し生き残った飼育ジャイアントパンダになった。中国はこの20年近くで整ったジャイアントパンダ野生化訓練技術体制と野生復帰後のモニタリング技術体制を構築した。(編集YF)

--------------------------
转载自人民网-日本語版

以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!