ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
今週予約可能レッスン数:6,504コマ
昨日実施したレッスン数:626コマ

保温の画期的な技術、その実際の効果は?

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの周です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。

 

最近気温が急激に下がり、保温に関するキーワードが各大手ECプラットフォームで目立つようになった。中には遠赤外線やグラフェン、陽イオン、自己発熱、エアロゲル、凍結紡糸、さらにはヒアルロン酸といったハイテク感のある概念もあるが、こうした概念は保温と関連しているのだろうか。中国新聞社が伝えた。

衣料品の保温の原理とは?

天津工業大学紡績科学・工程学院上級エンジニアで、博士課程指導教員の夏兆鵬氏によると、衣料品着用による保温の研究には次の2つの方向性がある。

(1)保温。一般的な方法は、空気層繊維や中空繊維などの新しい保温材料を開発し、細孔構造を形成することで、伝導と対流による環境への体熱の放出を減少または防止し、保温性能を高めることだ。またナノテクノロジーも広く使用されている。例えばナノシルバーやナノ酸化アルミニウムなどは高い保温効果を持つ。

(2)発熱。具体的な方法は通常、化学発熱(カイロ)や電気加熱などがあり、ここ数年徐々に増えている。一般的には蓄電システム、導線、加熱エレメントなどから作られる。例えば炭素繊維、複合糸、カーボンナノチューブフィルムなどの導電材料から作られる発熱繊維を繊維品に織り込み、電熱方式によりエネルギーを生み出す。

本当に保温効果を発揮する画期的な技術とは?

夏氏によると、分類を見ると、保温・断熱技術とエネルギー供給増加技術は、衣料品の保温に使用できる。保温・断熱技術の面では、ナノテクノロジーは繊維のミクロ構造と性能を変えられる。例えばナノテクノロジーを使いダウンジャケットを処理することで、柔らかさをより長時間保ち、内部に留める空気の量を増やし保温効果を高められる。さらに動物の羽毛や皮などの自然界の生物からヒントを得て、優れた保温効果を持つ生物模倣保温材料を製造する生物模倣技術だ。この2つの技術は各種保温衣料品に広く用いられており、保温効果が高く快適に着用できる。

エネルギー供給増加技術の面では、カーボンナノチューブやグラフェンなどの材料による発熱繊維品も続々と生活で応用されており、極寒の気候またはアウトドアに特に適している。

衣料品に高い保湿と潤滑性能を持つヒアルロン酸を使うことで、その繊維の柔軟度と快適性を高められるが、それを衣料品に使えば保温効果があるかについてはまだ疑問が残る。蘇州薇琳美容病院集団技術院の陳凱院長は取材に、「保温のためであっても衣料品にヒアルロン酸を入れる効果は疑わしい。臨床上は現在、注射やマイクロニードリングなどの肌に傷をつける手段で、低架橋のヒアルロン酸を真皮層に取り込んで初めて、保湿と美容の効果を達成する可能性がある」と述べた。(編集YF)

 

--------------------------
转载自人民网-日文频道

以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!