ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
今週予約可能レッスン数:5,994コマ
昨日実施したレッスン数:549コマ

中国最北のスキー場が3日にオープン

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの周です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。

 

中国最北のスキー場である黒竜江省大興安嶺地区の漠河北極スキー場が3日、2023-2024シーズンの営業を開始した。観光客やスキーヤー約500人がオープンセレモニーに参加し、極地のアイス・スノー文化に触れたほか、初滑りを楽しんだ。中国新聞網が報じた。

漠河市は、中国最北の都市で、中国において緯度が最も高く、気温が最も低くなる都市でもある。過去最低気温は氷点下53度で、年平均気温は約氷点下3.5度だ。漠河北極スキー場は通常、10月中・下旬から翌年4月末まで約半年間にわたり営業している。

浙江省から来たという石兆宋さんは、「漠河のスキー場はオープンが早いので滑りにきた。南方エリアは雪が降らないので、雪が降る場所にとてもあこがれる。今後は、黒竜江省に度々訪れ、スキーや氷・雪の景色を楽しみたい」と話していた。

江蘇省から来たという李峰さんは、「中国最北のスキー場で雪を見たり、雪遊びをしたりして、この地域の風土・人情に触れたりするために来た。中国最北のスキー場でスキーをするのは初めてで、とてもスリリングで、新鮮だった」とした。

同日、中国・大興安嶺第2回極地森林アイス・スノーカーニバルの開会式も開催された。今月1日から来年4月30日まで、大興安嶺地区は、特別観光ルート3本、文化・観光イベント14回、絶対に行っておきたい観光スポット20ヶ所を打ち出している。(編集KN)

 

转载自「人民網日本語版」
----------------------------------------------------------

以上は今日の中国語コラムでした。 ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!