ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
今週予約可能レッスン数:6,213コマ
昨日実施したレッスン数:631コマ

香巴拉(シャンバ゙ラ)の街、香格里拉(シャングリラ)

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの周です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。
 

雲南省の北西部、迪慶の香格里拉(シャングリラ)は海抜3,300mの高地の街です。香格里拉は藏語で“心中的日月”、心の中の太陽と月の意で「月光城」と呼ばれ、藏(チベット)族、納西(ナシ)族、白族など10の民族が暮らしています。雪山、峡谷、草原、湖、原始林に囲まれた盆地のシャングリラは浄土のようなところで、チベット仏教「カーラチャクラ・タントラ」の香巴拉精神、香巴拉文化を受け継ぐ街です。香巴拉はチベット語で「幸福の森」でチベット仏教の理想の浄土、仙境です。

香格里拉はチベットへの茶馬古道の要衝にあり1300年の歴史がある街です。2017年11月、香格里拉を訪れました。街の中心に独克宗(トゥクツォン)古城があります。古城街は中心にある迪慶亀山公園を囲むように拡がり、公園には世界最大の高さ21m、重さ16トンの転経筒(テンキョウトウ、マニ車)があります。参拝者が“消災祈福”“吉祥如意”をとなえ転経筒を回すと、一回りで124万回の念仏を唱えたことに相当すると言われます。古城街を歩くと雰囲気のあるカフェや民宿がたくさんあります。その古城街に「ヒマラヤ音楽」の看板がかかったカフェのような店がありました。シャングリラでヒマラヤ音楽を聞くなんて、なんと素敵なこと、きっとその音楽は香巴拉に導いてくれるのではと思いましたが行けずに、2021年再びシャングリラを訪れた時には新型コロナのためか閉まっていました。

民宿で泊り、夜中に目覚めるとベッドの真上のガラスの天井窓いっぱいに星が輝き、流れ星が天窓を横切りました。夢の続きを見ているような体験でした。シャングリラの街を見下ろす丘の上に登りました。不思議な存在感を与える廃寺があり、梅里雪山を遠くに望むことができました。

 


转载自「人民網日本語版」
----------------------------------------------------------

以上は今日の中国語コラムでした。 ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!