ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
今週予約可能レッスン数:6,213コマ
昨日実施したレッスン数:631コマ

重大発見!北宋・州橋遺跡で開封の「重なる城壁」確認 河南省

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの周です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。
 

国家文物局の「考古中国」プラットフォームは9月28日、河南省開封市にある北宋東京城州橋遺跡の考古学的な重大な新発見を発表した。北宋時代の州城が再び姿を現し、開封の独特な景観とされた「城壁が重なる」様子が確認され、東京城内の大運河の様子も初めて明らかにされた。人民網が伝えた。

これまでの歴史の中で、開封は戦乱と黄河の氾濫によってたびたび泥砂に埋もれてきた。現在は下から順に魏時代の大梁城、唐時代の汴州城、北宋時代の東京城、金時代の汴京城、明時代の開封城、清時代の開封城の城壁が積み重なっている。今回の州橋遺跡の発掘によって、この6つの古代の城壁が神秘のベールを脱ぎ、私たちの前に姿を現した。

2022年7月末現在、州橋遺跡の発見に伴って発掘された各種文化財の標本は6万点を超え、時代の異なるさまざまな遺構は117ヶ所に上っている。宋代の堤防石壁の長大な壁画や銅三尊像、北宋、金、元、明、清各時代の陶器の標本5万6千点も発見され、その数の多さは驚くべきものがある。


转载自「人民網日本語版」

以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!