ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
info@netchina.email
今週予約可能レッスン数:5,981コマ
昨日実施したレッスン数:572コマ

東方航空の福岡-北京大興国際空港路線が就航

2019/11/09 16:04

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの左です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。


 

27日上午7时29分,东航一架A321飞机从北京大兴国际机场出发,于福冈当地时间13:30顺利抵达。本次东航MU535航班是2019至2020年冬春航季从大兴机场出发的第一个航班,也是北京大兴国际机场起飞的首个国际航班。
 

中国東方航空が運航するエアバスA321型機が27日午前7時29分、北京大興国際空港を飛び立ち、日本時間の午後1時30分、福岡空港に到着した。この東方航空MU535便は2019年から2020年にかけての冬・春季航空ダイヤで大興空港から出発する第一便で、北京大興国際空港から離陸した最初の国際線フライトでもあった。
 

福冈是日本九州最大的城市,因靠近朝鲜半岛和亚洲大陆而被称为“亚洲的大门”,福冈国际机场2018年旅客运输量达2200万人次,在全日本排名第四。福冈市2018年评为日本“最具活力城市”,“宜居城市”评比稳居世界前十。
 

福岡は日本の九州最大の都市で、朝鮮半島とアジア大陸に近いため「アジアの玄関口」と呼ばれている。福岡国際空港の2018年旅客輸送数は延べ2200万人に達し、日本全体で第4位。福岡市は2018年に日本で「最も活力ある都市」に選ばれた。

据介绍,东航福冈-青岛-北京航线自2005年5月15日开航以来14年,已经由开航时的每周一三五日的四班增加到现在每天1班,运营主力机型为波音B737,空客A319/A320/A321/A325机型。此外,东航福冈-上海每天有三班提供客运服务。
 

東方航空の福岡-青島-北京路線は2005年5月15日の就航以来14年間で、すでに就航時の月、水、金、日の週4便運航から毎日1便運航まで増えている。運航する主力機種はボーイングB737型機とエアバスA319/A320/A321/A325型機。このほか、東方航空は福岡-上海路線も毎日3便が旅客輸送サービスを提供している。
 

北京大兴至福冈成为首个东航“京沪双枢纽”覆盖的航线,东航福冈营业部表示十分重视北九州的航线网络完善,今年8月17号新开北九州-大连航线。
 

北京・大興-福岡間は東方航空初の「北京・上海ダブルターミナル」体制がカバーする路線となった。東方航空福岡営業部は、「北九州の路線ネットワーク整備を重視し、今年8月17日には新たに北九州-大連路線が就航した」としている。


转载自人民网日文版

以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!