ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
info@netchina.email
今週予約可能レッスン数:4,782コマ
昨日実施したレッスン数:559コマ

スイカの「甘み遺伝子」、栽培化の秘密が明らかに

2019/11/09 16:01

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの左です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。
 

近日,国家西甜瓜产业技术体系首席科学家、北京市农林科学院蔬菜中心主任许勇带领团队,牵头组织国内外多家科研机构,完成了新一代西瓜基因组精细图谱绘制和驯化历史解析,首次系统揭示了西瓜果实品质性状进化的分子机制。研究成果发表于《自然·遗传学》上。


国家スイカ・メロン産業技術体系首席科学者、北京市農林科学院野菜センター長の許勇氏が率いるチームは、中国内外の各科学研究機関と協力し、次世代の詳細なスイカゲノムマップの作成及び栽培化の歴史の解析を完成させた。スイカの果実の品質性状の進化に関する分子メカニズムを初めて体系的に解明した。研究成果は「ネイチャー・ジェネティクス」に掲載された。科技日報が伝えた。
 

据了解,该研究采用单分子测序、光学图谱与Hi-C三维基因组联合分析策略,完成了迄今为止最高质量的西瓜基因组序列图谱。在此基础上,科研团队通过GWAS分析鉴定,获得了与果实含糖量、瓤色、果实形状和种子颜色等多个重要农艺性状关联的43个信号位点,系统解析了野生西瓜到栽培西瓜的驯化历史,鉴定获得了果实大小、果肉含糖量、苦味等重要品质性状的候选基因,并利用CRISPR基因编辑技术证实了α-半乳糖苷酶基因ClAGA2参与西瓜光合产物卸载与果实糖分积累的生物学功能,首次揭示了西瓜“甜蜜基因”驯化的秘密。
 

同研究は単分子シーケンシング、光学マップ、Hi-C三次元ゲノムの共同分析プランを採用し、これまでで最高品質のスイカゲノムマップを完了した。科学研究チームはこれを踏まえた上でGWAS分析・鑑定により、果実の糖分、中身の色、果実の形状、種子の色などの重要な農芸性状と関連する43のシグナルポイントを得た。野生のスイカから栽培用スイカに至る栽培化の歴史を体系的に解析した。果実のサイズ、果肉の糖分、苦味などの重要な品質性状の候補遺伝子を鑑定し、そしてCRISPR遺伝子編集技術によりαガラクトシダーゼ「ClAGA2」がスイカの光合成産物の除去と果実の糖分の蓄積に加わる生物学的機能を証明し、スイカの「甘み遺伝子」の栽培化の秘密を初めて明らかにした。


转载自人民网日文版

以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!