ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
info@netchina.email
今週予約可能レッスン数:7,662コマ
昨日実施したレッスン数:472コマ

中国でスイカの人気

2019/08/17 18:27

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの左です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。
 

南宋时江南已有大批“吃瓜群众”
 

西瓜到底有多受欢迎?根据联合国粮食及农业组织数据库数据,2016年,世界西瓜总产量为1.17亿吨,中国排在第一位为7920万吨,占世界总产量的68.4%,排在第二位的土耳其,产量为390万吨。而2016年我国西瓜的出口量仅为2.99万吨,连同年生产量的1%都达不到。
 

スイカの人気は実際どの程度なのだろう?FAOデータベースの資料によると、2016年、世界のスイカ総生産量は1億1700万トン、生産量トップは中国の7920万トンで、世界総生産量の68.4%を占めた。続く第2位はトルコの390万トン。同年、中国のスイカ輸出量はわずか2万9900トンで、年生産量の1%にも届かなかった。
 

国家统计局也专门就西瓜算了一笔账:如果按一个西瓜10斤计算,中国人每年要吃掉160亿个西瓜。占世界人口20%的我们,吃掉了世界约70%的西瓜。
 

国家統計局もスイカに関する統計を出している。スイカ1個を5キロとすると、中国人は年間160億個のスイカを食べている計算になる。世界総人口の20%にあたる中国人が、世界で生産されるスイカの70%を胃袋に収めていることになる。
 

中国人不仅吃瓜数量大,而且历史悠久。南京农业大学副教授李昕升告诉记者,1991年考古工作者在西安市东郊田家湾唐墓葬出土的“唐代三彩西瓜”,有力证明了至少在唐朝时期,西瓜已经传入我国了。史料还能证明,南宋初年西瓜的种植在中原及长江流域逐步推广,到南宋中后期西瓜已在江南地区获得普遍种植。从元代开始,各地方志所记载的西瓜品种达50余种。
 

中国人はスイカを食べる量が多いだけでなく、スイカを食べてきた歴史も長い。南京農業大学の李昕昇准教授は、「1991年、考古学者が西安市の東郊外にある田家湾唐墓から「唐三彩のスイカ」を発見した。これは、少なくとも唐の時代にはスイカが中国に伝わっていたことを証明するものだ。さらに、史料から、南宋初期にスイカの栽培が中原地域と長江流域でだんだんと広まり、南宋中・後期には江南地域で広く栽培されていたことが分っている。元代に入ると、各地の『地方志』に記載されているスイカの品種は50種類を上回った」と説明している。
 

吃瓜的科学
 

以貌取“瓜”挺靠谱,“歪瓜”口感不好
 

尽管现在西瓜品质普遍不错,但挑西瓜仍然是每个“吃瓜群众”的必修课,而我们最常用的挑瓜方式就是“拍一下”。徐锦华介绍,大多数的西瓜可以通过拍打分辨成熟度的,正常成熟的西瓜经过拍打有轻微震动,而生瓜或者过熟的西瓜响声发闷。除了拍打,,买西瓜时要挑选外形圆整的,“歪瓜”的瓜瓤里会有茎块,影响口感;瓜蒂如果是卷曲的,西瓜一般比较甜。
 

現在では、スイカの品質はおしなべて良くなったが、スイカ選びは今もなお「スイカ好き」にとって必修科目となっている。我々が最も良く使う選び方は「叩いてみる」というものだ。江蘇省農業科学院蔬菜研究所の徐錦華副研究員は、「ほとんどのスイカは、叩いてみることで食べ頃を判断することができる。正常に熟したスイカは叩くと少し振動するような感じの音がするが、熟していないスイカや熟しすぎたスイカは音がこもっている。叩いてみる以外では、見た目が丸くきれいな形をしているものを選ぶと良い。『ゆがんだスイカ』は、中に硬い芯が残っていて食感が良くない。スイカのヘタは、くるくると巻いていれば大体甘いスイカと思ってよいだろう」と説明した。

转载自人民网日文版


以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!