ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
info@netchina.email
今週予約可能レッスン数:4,679コマ
昨日実施したレッスン数:564コマ

年末ボーナス

2020/01/19 15:05

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの左です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。
 

15日,智联招聘网站发布的调研数据显示, 2019年全国白领年终奖的平均值为9547元,较之2018年的7100元有大幅增长。

 

 就職情報サイト・智聯招聘が15日に発表した調査研究データによると、2019年には全国のホワイトカラーに支給された年末ボーナスは平均9547元(1元は約16.0円)に上り、18年の7100元から大幅に増加した。

 

  报告显示,2019年度年终奖发放最高的城市是上海,上海白领的年终奖平均金额达13275元,包括上海在内,一共有9城市年终奖平均金额过万。

関連の報告によれば、19年の年末ボーナス支給額の都市別トップは上海市で、平均1万3275元に達した。1万元を超えたところは上海を含め9都市あった。

  其余8个城市分别是:北京(12830元)、青岛(12604元)、宁波(12172元)、南昌(11792元)、沈阳(10620元)、贵阳(10579元)、佛山(10105元)、合肥(10088元)。

 

その他の8都市は上から順に、北京市(1万2830元)、青島市(1万2604元)、寧波市(1万2172元)、南昌市(1万1792元)、瀋陽市(1万620元)、貴陽市(1万579元)、仏山市(1万105元)、合肥市(1万88元)。

  而年终奖平均金额最低的城市是兰州,平均金额仅为3267元,上海白领的年终奖平均金额超过兰州白领的4倍。

 

都市別の最低は蘭州市で3267元にとどまり、上海の4分の1しかない。

  每个行业基于自身的发展条件,年终奖的水平也分化的比较严重,从预计发放的金额看,最“抠“的当属服务业,年终奖平均金额为5807元,而相对来说最“壕”的是金融业,其年终奖平均金额为14293元。

 

どの業界にもそれぞれの発展条件があり、年末ボーナスの水準は大きく分かれた。支給額をみると、最も「ケチ」な業界はサービス業で、平均5807元だった。最も「気前がいい」のは金融業で、平均1万4293元に達した。

  不同性质的企业能拿到年终奖的白领占比差别迥异,受访的国企员工中52.2%表示确定发放年终奖,紧随其后的是外商/港澳台企业。

 

企業の性質によって年末ボーナスを支給されるホワイトカラーの割合に大きな差が出た。国有企業では52.2%が支給され、外資系企業と香港・澳門(マカオ)・台湾資本企業がこの後に続いた。
 

企业中有51.4%的受访白领表示今年能拿到年终奖,而私企/民营企业是年度年终奖发放比例最低的企业类型,仅27.4%的私企/民企白领能拿到年终奖,占比只有国企白领的一半左右。
 

全企業ではホワイトカラーの51.4%が年末ボーナスを支給されると回答しているが、民間企業はこの割合が最低で27.4%しか支給されず、国有企業の約半分だった。
 

不同的岗位年终奖也不同,其中奖金最少的是采购岗位,年终奖平均金额为7096元,奖金水平最高的是法务岗,年终奖平均为14833元。

ポジションによってボーナス支給額も変わり、最低は調達部門で平均7096元、最高は法務部門で平均1万4833元だった。

转载自人民网日文版


以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!