ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
info@netchina.email
今週予約可能レッスン数:7,165コマ
昨日実施したレッスン数:397コマ

ブロックする相手のは誰?

2020/01/19 14:59

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの左です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。

朋友圈不想被谁看?当网友回答这个问题时,被提及最多的,竟是自己的父母。
 
“我不是完全屏蔽父母,只是有时候会有选择地不让他们看见。”靓靓刚毕业时间不长,孤身一人在大城市,有时候难免需要通过朋友圈宣泄一些消极情绪。宣泄又不想让父母担心,只能偶尔屏蔽一下。“甚至我发点儿空旷天空的照片,爸妈也会问我,‘孩子怎么了’。这种好奇心,哎呀,我真不知道如何回答。”
 

「私は両親を完全にブロックしている訳ではなく、時と場合に応じて、両親が閲覧できなくなるようにするだけ」と話す靚靚さんは、少し前に学校を卒業し、大都市で独り暮らしをしている。時には、自分のネガティブな気持ちを「モーメンツ」に吐き出すこともある。だが、そのような気持ちを吐き出すことで、両親に余計な心配をかけたくないため、時には彼らをブロックすることもあるのだという。「私が広大な空を撮影した写真を投稿しただけで、両親から『どうしたの?』と質問される。両親からの質問攻めに対して、私はどう答えたら良いのか途方に暮れてしまう」と靚靚さんは話した。
 

小安则旗帜鲜明地表示,自己会屏蔽大部分同事。”小安觉得,工作是工作,生活是生活,“一个单位好几百人,我不可能跟所有人都成为朋友吧,好朋友有几个就行了,其他人只是工作关系,没必要让他们了解我的私生活。”
 

また、主義主張のはっきりしている安さんは、「SNSでは、ほとんどの同僚をブロックしている」と言う。安さんは、「仕事は仕事、プライベートはプライベート」と割り切っており、「一つの企業に数百人の社員がおり、全社員と友人になることは不可能。良い友人が数人いればそれで充分。それ以外の人々は、仕事上の関係にとどまり、自分の私生活を彼らに知ってもらう必要などない」と強調した。
 

同事,是调查过程中被屏蔽率第二高的人群。像小安这样比较讲究自我空间的年轻人,多数不喜欢把工作关系带到生活中。
 

ブロックする相手の第2位となったのは「同僚」だった。安さんのように、自分自身の世界を大切にする若者の多くが、「仕事上の人間関係をプライベートライフに持ち込みたくない」と考えている。
 

屏蔽为我们重新划定了边界

 
“一切都是边界模糊惹的祸。”心理专家粟超告诉记者,社交中的边界模糊,造就了很多尴尬,屏蔽只是避免尴尬,重新划定边界的方法。
 

心理学専門家の粟超氏は、「全ては、『境界線』が明確に定められていないことに起因する。人付き合いでの境界線が曖昧だと、さまざまなトラブルが起こる。ブロックは、そのようなトラブルを避け、境界線を引きなおすためのものだ」と指摘している。
 

“尤其是我们年轻的这一代,独生子女。父母对我们的溺爱超过尊重,彼此间的边界不清晰。所以,子女有时候需要扮演两个角色。一个是与父母互动的角色,另一个才属于自己。”
 

そして、「我々若者世代のほとんどが一人っ子だ。両親は、我々に対して、溺愛が尊重を上回り、親子間の境界線が曖昧になってしまっている。だから、子供の方は、時には2つの役割を演じなければならない。ひとつは、両親とインタラクティブな関係を持っている自分で、もう一つは、自分だけの世界を持つ自分だ」としている。
 

粟超认为,像同事、朋友这种关系,如果知道了对方屏蔽了自己,没有必要太过激动,不然就有点“太自我了”。
 

粟超氏は、同僚や友人との関係と同様、相手が自分をブロックしていることを知ったとしても、必要以上に動揺すべきではないとし、そうでなければ、「ややエゴイスティック過ぎる」とした。
 

 “90后这一代,是互联网一代,他们懂得利用技术手段来让互联网社交更舒适,这是一种进步。可能有人认为社交媒体让现代人的社交变畸形了,我不这么认为。科技或者说工具本身没有错,错的是人。像微信朋友圈分组、标签这种工具,实际上是在帮助我们。在现代社会中,除了微信,还有抖音,有小视频,再用过去的方式社交,已经不太可能。”
 

さらに、「1990年代生まれは、インターネット世代であり、技術的手段を用いてSNSをより快適に使いこなす方法を心得ている。これは、一種の進歩といえる。社交メディアの登場によって現代人の人間関係が偏ってきたという意見もあるが、私はそうは思わない。科学技術やツールそのものに罪はなく、間違っているのは人間の側だからだ。微信『モーメンツ』のグループ機能やハッシュタグなどのツールは、実際のところ、我々の役に立っている。現代社会には、微信以外に、短編動画共有アプリ『Tik Tok』や『小視頻』もある。ひと昔前の社交スタイルに戻ることは、もはやほぼ不可能といえるだろう」との見方を示した。


转载自人民网日文版

以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!