ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
info@netchina.email
今週予約可能レッスン数:5,997コマ
昨日実施したレッスン数:560コマ

「QRコードの生みの親」

2019/12/27 15:59

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの左です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。


二维码是日本电装公司于1994年研发的,当初主要是为了解决制造业和物流业的产品管理问题,二维码比条形码具有更大的信息量和抗污损性能等。二维码今年已经25岁了,其主要发明人原昌宏被人称为“二维码之父”,他至今依然在电装公司从事二维码相关研发工作。13日,原昌宏在腾讯公司东京办公室与中国媒体进行了一场小范围交流,回忆了二维码的发明应用历程以及未来的开发创新思路。
 

QRコードは日本の株式会社デンソーウェーブが1994年に開発した。QRコードは当初、主に製造業と物流業の製品管理上の問題を解決するためのもので、バーコードより多くの情報量と高い抗汚損性などを備えている。QRコードが誕生してから今年で25年。その主な発明者である原昌宏氏は「QRコードの生みの親」と呼ばれており、現在もデンソーウェーブでQRコード関連の研究開発に従事している。原氏は13日、騰訊(テンセント)社東京事務所で中国メディアの取材に応じ、QRコードの発明と応用プロセス、今後の開発・革新のアプローチについて語った。


原昌宏说,日本电装公司和自己当初发明二维码后申请了专利,但是为了使二维码能被广泛应用,他们决定完全开放专利,没有收取技术专利费。他说,作为一名技术人员,对自己的发明能够如此广泛应用到社会感到非常高兴。如果当初收取专利费,也许二维码不会得到如此普及。

 

原氏によると、デンソーウェーブと原氏は当初QRコードを発明後、特許を出願したが、QRコードを広く応用してもらえるように特許を完全に開放し、技術特許使用料を取らないことにしたという。原氏は、「技術者として、自分の発明がこれほど広く社会に応用されて非常にうれしく思う。もし当初特許使用料を取っていたら、QRコードはここまで普及しなかったかもしれない」と語った。
 

微信支付等来自中国的二维码应用技术已经大范围进入日本,一个中国人在日本即使没带现金也可以实现基本消费。对此原昌宏表示,像微信这样一个APP能够集合那么多的功能应用确实很了不起。在日本有很多不同的APP,但没有一个APP能统合这么多的功能。原昌宏表示虽然他一次也没去过中国,但是了解到二维码在中国几乎无处不在,从路边摊贩到公交地铁,二维码在中国得到了巨大发展。当初他只预想到这一技术在产业界将得到应用,但是完全没有想到二维码如此渗透到一般民众的生活中。

 

微信支付(WeChatペイ)など中国発のQRコード応用技術はすでに日本でも広く導入されており、中国人は日本で現金を持っていなくてもだいたいの買い物はできてしまう。これについて原氏は、「微信のように、多くの機能が一つのアプリにまとめられているのはすごいことだ。日本ではいくつもアプリがあるが、これほど多くの機能がまとめられているアプリはない」と語った。原氏は中国には一度も行ったことがないが、QRコードが中国で道端の物売りから路線バスや地下鉄まであらゆるシーンに広がっており、QRコードが中国で極めて大きく発展したことは知っていた。当初、原氏はこの技術が産業界で使われることしか想定しておらず、QRコードがここまで一般市民の生活に浸透するとは想像していなかったという。
 

中国网友作何反响?
 

采访视频在新浪微博上发布后,中国网友纷纷留言致谢。“非常感谢。这是利于人类的发明。”“感谢。二维码真的是太方便了 ”。
 

インタビューの動画が新浪微博(ウェイボー)で発表されると、中国のネットユーザーから「本当にありがとう。これは人類に役立つ発明だ」、「ありがとう。QRコードは本当に便利」といった感謝のコメントが続々と寄せられた。
 

此外,对于原昌宏在采访中提出的中国是怎么解决老年人使用手机的问题的疑惑,网友们的回复也很精彩:“中国老年人一听到用二维码支付可以优惠的时候,学得可快可快了。
 

また、原氏がインタビューの中で出した「中国では高齢者のスマホ利用の問題をどう解決したのか」という質問に対し、ネットユーザーらから「中国の高齢者は、QRコードで決済するとお得だと聞いたら、あっという間にマスターした」という見事な回答が寄せられていた。


转载自人民网日文版

以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!