ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
info@netchina.email
今週予約可能レッスン数:5,997コマ
昨日実施したレッスン数:560コマ

黄色い食べ物で嬉しい気持ちに?

2019/09/26 17:45

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの左です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。
 

最近发表在希腊《地铁》杂志上的一项研究表明,人类能够本能地将黄色与喜悦的感情联系在一起,吃黄色食物时,身体会释放出高水平的幸福激素,从而产生幸福感。
 

ギリシャの雑誌に掲載された研究によると、人類は本能的に黄色と喜びの感情を結びつける。黄色い食べ物を摂取すると、体が幸福ホルモンの分泌を活発にし、幸福感が生まれるという。
 

心理学家认为,人的大脑从婴幼儿时期就与颜色产生了联系,其中,黄色可以刺激大脑左侧,即逻辑层面,因此左脑往往会将黄色理解为温暖而快乐的东西。对此,研究人员进行了一项问卷调查,在1000位不同年龄段的志愿者面前摆放数十种食物,测定他们大脑的反应。结果发现,70%的参试者很自然地将黄色食物与明快的心情联系在了一起。具体来说,61%的人回答“煎蛋卷”是使心灵最舒适的食物,“奶酪通心粉”获得了55%的票数,接下来票数较多的是“香蕉”“薄煎饼”“半熟鸡蛋”。
 

心理学者によると、人間の脳は幼い頃より色とのつながりを持っている。うち黄色は論理を司る左脳を刺激する。そのため左脳は黄色を暖かく嬉しいものと理解することが多い。研究者はこれについて、アンケート調査を行った。異なる年齢層の1000人の被験者の前に数10種類の食べ物を並べ、彼らの脳の反応を測定した。その結果、被験者の7割が自然と黄色い食べ物と嬉しい気持ちを結びつけた。具体的に見ると、最も嬉しい食べ物はオムレツが61%で、グラタンが55%だった。これにバナナ、クレープ、半熟卵などが続いた。
 

神经心理学家戴维·刘易斯博士认为,在饮食领域,黄色食品甚至可以成为强有力的抗抑郁药。
 

神経心理学者のデイビッド・ルイス博士は、黄色い食品は効果的な抗うつ薬にもなるとしている。


转载自人民网日文版

以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!