ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
info@netchina.email
今週予約可能レッスン数:7,663コマ
昨日実施したレッスン数:478コマ

肥満が若年性高血圧の主な原因に

2019/09/18 18:12

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの左です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。
 

根据昨天发布的最新版《中国高血压防治现状蓝皮书》,我国高血压患病率正持续增长,全国年平均新增高血压患者1000万人。数据显示,肥胖已成我国儿童青少年患高血压的首要危险因素。
 

8月25日に発表された最新版「中国高血圧の予防と治療の現状青書」によると、中国の高血圧有病率は上昇の一途をたどっており、毎年平均1000万人のペースで患者が増えている。統計によると、肥満はすでに中国の児童・青少年が「若年性高血圧」を患う主な危険要素となっている。
 

蓝皮书公布的一项最新高血压调查显示,目前,我国18岁及以上成人高血压患病率为27.9%。农村高血压患病率(28.8%)高于城市(26.9%);男性高血压患病率高于女性;随着年龄的增加,高血压患病率也逐渐升高。各省、直辖市、自治区相比较来看,北京市、天津市、上海市居民的高血压患病率位居前三。
 

青書に掲載されている最新の高血圧調査によると、現在、中国の18歳以上の成人の高血圧有病率は27.9%に達している。農村部の高血圧有病率は28.8%と、都市部の26.9%を上回った。男女別で見ると、男性の有病率が女性を上回っている。また、年齢が上がるほど、高血圧有病率も上がっている。各省、直轄市、自治区など地域別に見ると、住民の高血圧有病率のトップ3はそれぞれ北京市、天津市、上海市だった。
 

“当前,青少年发生高血压的比例正在增加,而肥胖已成为我国儿童青少年患高血压的首要危险因素。”北京大学人民医院高血压病房主任孙宁玲教授表示,肥胖、超重儿童成年以后发生高血压的风险,也要比普通青少年高很多。因此她建议有关部门要在学校设定配餐标准,变过去以学生口味为主的配餐形式为营养配餐,同时增加青少年运动量和运动时间。此外,专家还建议对3岁及以上儿童每年体检时,在条件允许情况下,同时测量血压。
 

北京大学人民医院高血圧病棟の主任を務める孫寧玲教授は、「現在、高血圧を患う青少年の割合が上昇している。中国の児童・青少年が若年性高血圧を患う主な危険要素は、肥満だ。肥満、過体重の児童は、大人になってから高血圧を患うリスクも高く、普通の青少年よりそのリスクはかなり高い」と指摘。そのため、「関連当局は、学校の献立の基準を定め、これまでのような学生が好む味を主に考慮した献立から、栄養を主に考慮した献立に変えるほか、青少年の運動量や運動の時間も増やさなければならない」との見方を示している。また、専門家は、3歳以上の児童が毎年健康診断を受ける際、条件的に可能であれば、血圧も測るようにとアドバイスしている。

转载自人民网日文版


以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!