ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
info@netchina.email
今週予約可能レッスン数:7,619コマ
昨日実施したレッスン数:472コマ

中国ホワイトカラーの夜間消費報告 上海・杭州は「美」、広東」は「グルメ」

2019/09/07 16:08

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの左です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。
 

近日,智联招聘与美团点评联合发布的《2019年中国白领夜间消费调研报告》显示,白领夜间消费结构较传统,以餐饮和购物为主,南方城市的白领在夜间的消费占比高于北方的白领;上海杭州北京最爱美,广州东莞深圳美食订单最多。
 

求人サイト「智聯招聘」と口コミサイト「美団点評」がこのほど共同で発表した「2019年中国ホワイトカラー夜間消費調査研究報告」によると、ホワイトカラーの夜間消費は伝統的で、飲食とショッピングがメインとなっている。地域別で見ると、南方地域の都市のホワイトカラーの夜間消費が占める割合は、北方地域のそれを上回っている。「美」に最も気を配っているのは上海、杭州、北京に住むホワイトカラーで、グルメの注文数が最も多かったのは広州、東莞、深センだった。
 

调研显示,72.6%的白领夜间消费金额的平均值低于200元,19%的白领的夜间消费金额平均值在201-400元之间。单次消费金额不高也从一个侧面反映出夜间消费并不是白领整体消费的重心,整体来看,近6成的白领在夜间的消费不足收入的10%,可见,我国大多数白领夜间消费的习惯还没养成。
 

調査研究によると、ホワイトカラーの72.6%の夜間消費額平均値が200元(1元は約14.8円)以下、19%が201-400元だった。1度の消費額がそれほど多くないことは、夜間消費がホワイトカラーの消費全体の中心に位置しているわけではないことを示していると言える。全体的に見ると、夜間消費が收入に占める割合が10%以下というホワイトカラーは約6割。中国の大半のホワイトカラーにはまだ、夜間消費の習慣がしっかり定着していないということがわかる。
 

数据显示,小吃快餐是夜宵主角,小龙虾也是重要选择,90后尤其喜欢小龙虾。此外,上海人与杭州人最“爱美”,上海的美容美发美甲等订单占全市总订单的1.02%,杭州的订单占全市总订单的0.94%,包括北京在内,这三座城市在这方面的夜间订单都超越了全国平均水平。
 

統計によると、夜食で一番人気となっているのは軽食・ファーストフードで、ザリガニも重要な選択肢となる。90後(1990年代生まれ)は特にザリガニが好きだ。また、「美」に最も気を配っているのは上海と杭州のホワイトカラーで、上海の美容・ヘアサロン・ネイルなどの注文件数が、同市の注文件数全体に占める割合は1.02%、杭州は0.94%となっている。上海、杭州、そして北京のこの分野の夜間注文数はいずれも全国平均を上回っている。


转载自人民网日文版

以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!