ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
info@netchina.email
今週予約可能レッスン数:7,663コマ
昨日実施したレッスン数:478コマ

「おひとりさま」レストラン

2019/08/17 18:29

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの左です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。
 

近日,记者来到武汉一家主打“一人食”的餐厅看到,这家日式风格的火锅店,将餐厅设置为“岛区”“隐区”“寻区”“无界”四个区域。其中,“独食”区域主要位于“寻区”,共有12个座位,每个座位前安装有卷帘,服务员上菜时直接掀开卷帘送进去。
 

先日、武漢のある「おひとりさま」レストランを取材したところ、この日本風の鍋料理店では、レストランを「島区」、「隠区」、「尋区」、「無界」の四つのエリアに分けている。そのうち、「おひとりさま」エリアは主に「尋区」にある。計12席で、どの座席の前にもすだれが取り付けられており、店員は出来上がった料理を運んでくると直接すだれを上げて料理を出す。
 

进门、入座、点餐,只需稍等片刻,心仪的美食便被送到眼前,放下卷帘就是一个属于你自己的私密美食空间。不用顾虑吃相,更不用顾忌周围顾客投来的异样眼光,静静享受“独食”时光。

 

入店から着席、注文と、ほんの少し待つだけで、お気に入りの料理が目の前に届く。すだれを下ろせば完全に自分だけのプライベートな食事空間だ。食べている格好を気にすることもなく、周りの客が投げてよこす奇異なものを見るような視線もお構いなしに、静かに「一人ごはん」を楽しめる。
 

40岁的郝菁,曾在加拿大从事餐饮行业17年,2018年5月,他与另外两个合伙人在武汉开了一家主张“一人食”概念的餐厅。

 

郝菁さん(40)は、カナダで17年間飲食業に従事していた。2018年5月、郝さんは2人の共同経営者とともに、武漢に「おひとりさま」をコンセプトにしたレストランを開いた。
 

谈及创办初衷,郝菁表示,人们聚会吃饭大多结伴而行,但是随着社会发展,单身群体逐渐增多,相较于一群人的狂欢,一个人外出就餐难免显得孤独,他希望给孤独的人提供一个宁静的港湾。

 

開店の動機について郝さんは、「食事をする時には何人か連れ立って行くものだったが、社会の発展に伴い、独身層が徐々に増えてきた。ただ、大勢でにぎやかにしているのと比べると、外で1人で食事をするのはどうしても孤独だと見られてしまう。それで孤独な人に静かな場所を提供しようと思った」と語る。
 

郝菁介绍,来体验“一人食”的顾客以年轻人为主,“对于大多数人而言,‘一人食’还是一个新事物,大家接受需要一定的时间。”他说,餐厅在经营上曾面临挑战,为此也进行了相应调整。但他认为,随着时间的发展,人们对“一人食”的接受度会慢慢提高,最重要的是要将品质和服务做好。
 

郝さんは、「『おひとりさま』の食事を体験しに来る客は若者がメイン。ほとんどの人にとって『おひとりさま』はまだ物珍しく、受け入れられるまで一定の時間が必要だ」と説明する。郝さんによると、レストランは経営面で試練に直面したこともあり、対応策として調整も行ったという。しかし郝さんは、「時間が経つにつれて、『おひとりさま』の受容度は次第に上がっていくだろう。一番重要なのは品質とサービスをしっかりやることだ」と語った。
 

23岁的韩笑是东北人,在武汉读书、工作已有6年,是“一人食”餐厅的常客,一个月最少要去六七次。韩笑说,她最爱火锅麻辣烫,但男朋友在异地,身边朋友不多,想吃火锅的时候很难约到伴儿。倘若一个人去火锅店吃,面对旁人三五成群的热闹,自己会略感尴尬和失落。“一人食”小火锅的出现,正迎合了她的需求。她喜欢每样菜品都尝一下,不多的分量,不用担心浪费。

 

韓笑さん(23)は東北出身で、武漢で学校に通い、就職して6年が経つ。「おひとりさま」レストランの常連で、1ヶ月に少なくとも6-7回来店するという。韓さんは、「鍋料理や麻辣燙(ピリ辛風味の煮込み料理)が好き。でも彼氏とは遠距離恋愛だし、周りには友達も少ないので、鍋を食べたくても一緒に食べてくれる人がなかなかいない。1人で鍋料理の店に行って近くににぎやかなグループ客がいたら、決まりが悪いし、落ち込んでしまう」と言う。「おひとりさま」用のミニサイズの鍋料理はちょうど韓さんのニーズにぴったりだった。どの具材も食べたい彼女にとっては、少な目の量なので無駄にする心配もない。
 

34岁的王乐,从事企业公关策划,也是一名职场妈妈。上班忙着应付客户和工作,高强度的工作和频繁的出差,常常让她无法按时吃饭。下班回家,全身心扑到孩子身上,感觉自己被生活“绑架”了。她说,每天吃饭时间是她不可多得的休息时间,静静刷会手机发会呆。在“一人食”餐厅,享受美食是其次,更重要的是可以短暂地逃离琐碎的生活,放空自己。
 

王楽さん(34)は、企業の広報プランニングを担当するワーキングマザー。勤務中は顧客対応と仕事で忙しく、ハードワークと頻繁な出張のために、時間通りに食事ができないこともしばしばだ。仕事が終わって帰宅すれば全身全霊を子供に注がなければならず、王さんは自分の生活がすべて仕事と育児に「しばりつけられている」ようだと感じている。王さんは、「毎日の食事時間は貴重な休息の時間。静かにスマホを見たり、ぼんやりしたりできる。『おひとりさま』レストランでは料理を食べるのは二の次、短い時間だけれど、煩わしい生活から離れて、頭を空っぽにしてぼんやりできることのほうが大切」と話していた。

转载自人民网日文版
 

以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!