ネットチャイナ中国語教室 ログイン 100円体験
info@netchina.email
今週予約可能レッスン数:6,345コマ
昨日実施したレッスン数:563コマ

就職

2018/12/25 16:31

大家好!皆さんこんにちは、オンライン中国語教室ネットチャイナの左鵬巧です。
中国語の文章を皆さんにお届けしますので、中国語の勉強に役に立てれば嬉しいです!
では、今日の文章をご覧になってください。
 

薪资是大学生求职的重要关注点,也是城市是否能吸引并留住人才的重要因素。数据显示,2017届本科生毕业半年后在一线城市就业的平均月收入为5970元,比“新一线”城市本科生的平均月收入高1311元,一线城市的薪资水平仍然占据优势。

 

 「給料」は、大学生が仕事を探す際、重視する点の一つであり、一つの都市に人材が集まり、集まった人材を引き留めることができるかを決める重要な要素でもある。統計によると、2017年度の学部卒業者の卒業から半年後の平均月収は、一線都市が5970元(1元は約16.31円)と、新一線都市よりも1311元高かった。ここから一線都市は、「給料」の面では依然として優位性を誇っているということがわかる。

 

一线城市为:北京、上海、广州和深圳,而“新一线”城市包括:成都、杭州、重庆、武汉、西安、天津、南京、长沙、沈阳、青岛、无锡、苏州、宁波、大连。数据显示,2017届本科生毕业半年后在一线城市的就业满意度为71%,比同届本科生在“新一线”的就业满意度高3个百分点。进一步分析发现,个别“新一线”城市的本科生就业满意度已与一线城市不相上下。2017届本科生在北京、上海、广州、深圳工作的就业满意度分别为76%、74%、71%和70%。而同届本科生在杭州工作的就业满意度为75%,仅次于北京。其他满意度较高的“新一线”城市还包括天津(72%)和南京(70%)等。

 

 一線都市は、北京、上海、広州、深セン、新一線都市は、成都、杭州、重慶、武漢、西安、天津、南京、長沙、瀋陽、青島、無錫、蘇州、寧波、大連を指す。統計によると、17年度の学部卒業者の卒業から半年後の仕事に対する満足度は、一線都市が71%と、新一線都市を3ポイント上回った。ただ、「新一線都市」を都市別に見ると、満足度が一線都市に匹敵する都市もある。都市別満足度は、北京76%、上海74%、広州71%、深センが70%だった。それに対して杭州は75%と、北京に次ぐ高さだった。天津(72%)や南京(70%)などの新一線都市の満足度も高かった。


以上は今日の中国語コラムでした。
ネットで中国語を勉強できるのはネットチャイナの特徴です。
100円で7日間体験できますので、ぜひ中国語のマンツーマンのレッスンを体験してくださいね。
では、再见!